【コーヒーミル初心者】のたびふぅふが【HARIO】のCeramic Slimを選んだ理由

  • 2020年5月23日
  • 2020年5月23日
  • travelgoods
  • 172view

 

しょうた
最近、外出自粛が続いててコーヒーを飲む機会が増えたよね!なんか自分で豆を挽いて入れるのも楽しそうじゃない?

 

ゆっかさん
確かに!コーヒー豆の挽きたての匂いとかとってもいい匂いだし、自分たちで挽くといっそう美味しく飲めるかもね!

 

という事で今回はコーヒーミル完璧な初心者の私たち夫婦が

なんで手動のコーヒーミルを選んだのかを紹介したいと思います!

完璧にコーヒー素人の私たちですが、

頑張って勉強していきますので

専門家の皆様には温かく見守っていただきたく存じます。。w

それでは、最後までお付き合いお願いします。

コーヒーミル初心者にオススメは手動のミル

 

冒頭でも書きましたが、私たち夫婦は完璧なコーヒー初心者。

ましてや、コーヒーを好んで飲むようになってきたのも

コロナウィルスで外出自粛になってきてからという

コーヒーに関しての知識は薄っぺらいものしかありません。

もちろん、コーヒーミルを使うのも初めての初心者な二人。

そこで色々ネットで調べたり、YouTubeで調べたりしていたら

「やっぱり最初のコーヒーミルは手動がいいんじゃないか」

という結論に!

そもそも私たち夫婦はコーヒーをドリップで入れるのさえ初心者!

そんな私たちが

電動の高いコーヒーミルを買ったところで本当に使うのか?問題がありますw

そして、本当に豆を挽いてコーヒーを入れることにハマった時に

今後の旅のお供にもしたいな

と考えていたため、やっぱり選択肢としては

コーヒー豆さえ手に入ればどこでもコーヒーを挽くことができる

手動のコーヒーミルになってきたんですよね!

 

そんなコーヒーミル初心者の私たちが選んだコーヒーミルはこれ!

 

【HARIO】 Ceramic Slim

 

 

 

コーヒーミル初心者にはとても良心的な

3000円未満で買う事ができる手動のコーヒーミルです。

私たちがこのコーヒーミルを選んだ理由をつらつらと解説します。

 

コーヒーミル初心者にオススメ【HARIO】のCeramic Slimのメリット

 

私たち夫婦がこの手動のコーヒーミル

【HARIO】のCeramic Slim

を選んだのには大きく4つの理由があります

順番に解説します!

 

①価格が安い

 

まず何と言っても価格が安いんです!

 

 

アマゾンで調べてみるとなんと2,118円!

コーヒーミルの値段とか調べた事なかったのでこの際調べてみたところ

本当に値段はピンキリ!

2,000円〜30,000円のものまで幅広く売ってありました

私たちはこんなに安くコーヒーミルを売っているとはおもわず

びっくりしました!

しかも、安いからといって決して性能が悪いわけでもなく

むしろ、この値段でこの性能であれば

コストパフォーマンス高すぎるといっていいほどだと思っています

 

②手入れが楽

 

このコーヒーミル、とっても手入れが楽です!

 

これもコーヒーミルを選ぶ際にバリスタの人が気にするポイントだそうです

前回挽いたときの残りカスがついたままだと、

それが次のコーヒーに入って雑味のもとになってしまうらしい。

もちろん豆を挽くたびにお手入れはしたほうがいいんですが、

値段が高くなって、高性能なものなるにつれて手入れがむずかしくなるため

「好きなも物のメンテナンスも大好き!」

って言う人は、より高性能なものを買ってもいいかもしれないですね!

 

私たちは「お手入れも簡単に済ませれて、コーヒーを楽しめればいい」

と言うスタンスなので簡単にお手入れができる物を選びました!

 

③形が握りやすい

 

 

上の写真のように手にフィットするのでとっても握りやすいです

ミルを回しているとグラグラと動くため握りやすさは結構重要なんです

 

④手動なので、どこでも持ち運んで豆を挽ける

 

電動のものと違って、自分でつまみを握って回せば豆が挽けちゃいます

なので文字通り、「どこでも」自分で挽いたコーヒーを楽しめちゃうんです!

ぶっちゃけこれが私たちが手動のコーヒーミルにこだわったいちばんの理由です

 

私たちは近い将来、夫婦で世界一周に出かけます

その時、世界中でキャンプをしながら自然いっぱいの中で

自分で挽いたコーヒーを飲むなんて言うおしゃれな事がしたいのです!w

 

コーヒーミル初心者にオススメ【HARIO】のCeramic Slimのデメリット

 

とはいっても、手動のコーヒーミル。メリットばかりではありません

もちろんどの商品にも

メリット・デメリットがありますので

今からはデメリットを紹介

 

①豆を挽くのに時間がかかる

ハンドドリップに最適と言われている「中細挽き」にするのに

多分、コーヒー2杯分(約20g)の豆を挽くと3分くらいかかります

まぁ

たかが3分なんですけどねw

実際3分間腕を回しつずけるとわかるのですが、意外ときついです!w

 

②均一に挽くことが難しい

 

コーヒーを入れる際に粉の均一さはとても重要らしい!

コーヒーを入れる専門家であるバリスタの方も、

いかに豆を均一に挽く事ができるかを気にされているくらい

「均一さ」と言うのはコーヒーを入れる際にとても重要みたいです

たとえばですが、

荒い部分と細かい部分が混ざった状態でコーヒーを淹れると、

荒い部分はあまり抽出されず、

細かいところは抽出されすぎてえぐみが出てしまう……

なんてことになりかねないらいしい。

なので均一であればあるほどクリアな後味になるらしいですよ

その点で言えば

手動のコーヒーミルはスピードがバラバラなので

「均一さ」は出ないかもしれませんね!

 

コーヒーミルがあるだけで、普段の何倍もコーヒーを楽しむことができる

 

コーヒーの美味しい香りをいちばん楽しめるのは、豆を挽くときですよね

豆を挽いていると、コーヒーの香りが部屋中に広がって、

その匂いが、普段のコーヒータイムをより一層盛り上げてくれます。

 

まだまだ、コーヒーの味を追求するまでには至っていませんが

これからもっと勉強して

自分にとっての最高のコーヒーに出会えたらいいなと思っています

 

まずは初心者が始めやすい「ハンドドリップ」からしっかりと学んでいきたいものですね

 

私たち夫婦のオススメカフェをちょこっと紹介しときます

合わせて読みたい

  最近になってカフェのテイクアウトをする事が多くなった私たち。 コーヒーをたくさん飲むようになって、コーヒーミルまで買っちゃいましたw   そこで今回は、 私たちがオススメする福岡県八女市にあるカフェを紹介[…]

 

合わせて読みたい

  うきは市のおしゃれなカフェに注目がいっている現在 今回もうきは市のカフェについて書いていきます 前回はカフェjingoroについて書いていましたが 同じうきは市なのでカフェ巡りとしていってもよいですね ↓前回の記事 カフェ[…]

 

合わせて読みたい

たびふぅふ(@TabiFufu)です   たびふぅふ 本日は、福岡のうきは市にあるカフェをご紹介〜   うきは市はとてものどかなところで ゆったりと時をすごせて、落ちつく街です   そんなうきはですが最近は カフェが充実してるみた[…]