カナダで銀行口座を開設するなら【CIBC】一択!|ワーホリなら全ての手数料無料!?

私たちはカナダの5大銀行の一つ

「CIBC」

で銀行口座を開設しました

この「CIBC」は本当にワーキングホリデーの人におすすめなので紹介します

是非最後まで読んで、「CIBC」の素晴らしさを実感してください(笑)

 

 

カナダにワーホリで渡航する人は銀行口座は必須

 

なぜ銀行口座を作る必要があるのかというと

カナダの銀行口座を持っていないと給与の振込ができないからです

また、カナダの銀行口座を持っていると

デビットカード、クレジットカードが作れるので

買い物をする際にもとても便利です

「日本のクレジットカードやデビットカードを持っているから大丈夫」

と思っていても、日本のものでは対応していない店もありますし

対応していても手数料やレート等で損をしてしまうことがほとんどです

なのでカナダで銀行口座を開設し、お得に買い物をしましょう!

 

カナダの5大銀行

 

カナダの5大銀行を紹介します

日本のメガバンクと同じですね

・RBC(Royal Bank of Canada)
・CIBC(Canadian Imperial Bank Of Commerce)
・BMO(Bank of Montreal)
・TD Canada Trust
・Scotia Bank

その中でも今回紹介する「CIBC」はカナダで5位の規模の銀行になります

 

カナダの銀行口座を開設するのに必要なもの

 

カナダで銀行口座を開設するにはビザが必要です

  • ワーキングホリデービザ
  • ワークビザ
  • 学生ビザ

日本人はビザなしの滞在でも半年間滞在することが可能ですので

ビザがない場合の銀行口座開設については直接銀行に問い合わせてみてください

 

銀行口座を開設する際には必要なものは下記の通りです。

1)パスポート
2)ビザ
3)SIN(Social Insurance Number(社会保障番号))
4)滞在先住所
5)電話番号
6)メールアドレス

 

忘れないように準備していきましょう

 

カナダの銀行口座を開設する際に選ぶ基準は?

 

私たちがカナダで口座開設を考えた時に

選んだ基準は【口座維持費が無料かどうか】です

日本では全くかからない【口座維持費】

カナダでは当たり前のように毎月維持費がかかります

他にも

  • 毎回のATMの手数料は?
  • デビットカードの利用回数制限は?
  • カード利用ごとの手数料は?

などなど考えることはありますが

私たちは【口座維持費】が無料かどうかを基準に最初調べて

そのあとに諸々の手数料を調べる方法で銀行を決めました

 

カナダの銀行口座の種類

 

カナダの銀行口座に種類は以下の2種類です

  • Checking account→普通預金口座
  • Saving account→定期預金口座

最初見たときは「なんのこと?」と思いましたが

日本でも「普通預金」か「定期預金」かを選んでいましたので、普通ですね

私たちは、話の流れで

「Checking account」、「Saving account」

どちらも作ることになりましたが

通常は「Checking account」のみ持っていれば問題ありません

デビットカードの支払いは通常「Checking account」を使用します

 

カナダの銀行口座はCIBCがおすすめ

 

CIBC logo.svg
CIBC

今回私たちが「CIBC」を選んだ大きな理由は

「口座維持費が無料」

というのが一番大きな理由です

 

そのほかにも「CIBC」は

  • 「Foreign Workers」向けの口座開設プランあり
  • 支店が豊富
  • クレジットカードが1年間手数料無料で作成可能

といいことずくしだったので

「BMO」と迷いましたが、「CIBC」に決めました

 

カナダの「CIBC」での銀行口座開設手順

 

「CIBC」での口座開設手順を画像付きで詳しく解説します

 

オンラインでアポイントメントをとる

 

まずは銀行口座をスムーズに開設するために、

銀行窓口のアポイントメントをとりましょう。

アポイントメントはオンラインで簡単に予約することができます

アポイントメントは取らなくても銀行口座は開設可能ですが

私たちは万が一混んでいても開設できるようにアポイントメントをとりました

 

まずは「Foreign Workers」をクリック

 

そして「Meet With Us」をクリック

 

「Meet With Us」をクリックすると

  • Bankingの種類
  • どんな手伝いが必要か
  • なにをしたいのか

を尋ねてきます。

以下の画像の通りに選んだら「Continue」をクリック

 

するとどこの支店で予約するかを聞いてきますので

自分が住んでる地域の「Postal Cord(郵便番号)」を入力して

一番近い支店を選びましょう

 

次にアポイントメントをとりたい時間を聞いてきます

自分の好きな時間を選んで「Continue」をクリック

 

最後に自分の

  • First name
  • Last name
  • Email address
  • Phone number

を入力して「Your meeting details」を確認し間違いなければ

「Confirm and book meeting」をクリック

 

「Meeting booked」が表示されればアポイントメント完了です

 

銀行口座開設当日の手順

 

当日は上にも書きましたが、必要なもの(下記参照)を忘れないようにしましょう

1)パスポート
2)ビザ
3)SIN(Social Insurance Number(社会保障番号))
4)滞在先住所
5)電話番号
6)メールアドレス

 

まずは、窓口に口座を作りに来たことを伝えましょう

アポイントメントがあることを伝え名前を伝えるとスムーズに案内してくれます

すぐに担当のスタッフの人が迎えに来てくれ個室に通されました

 

銀行口座についての説明を受ける

 

二人で一緒に全て英語で説明を受けました

途中、「Foreign Workers」向けの口座を作られているか不安になり

スタッフの人に確認したら、

「大丈夫、Foreign Workers向けのアカウントだよ」

と丁寧に答えてもらえました。

英語が早すぎて聞き取れなかったらしっかりと作りたい口座を伝えましょう!

 

口座開設の際に聞かれたこと

 

口座開設に伴って、以下の内容を聞かれました

・現在の住所(これから移動する先の住所でも可能)
・日本での住所
・電話番号(カナダ国内で使える電話番号)
・職場の電話番号
・職場の名前
・職場でのポジション

しっかりと答えれるように準備していきましょう

 

開設した口座の内容説明

 

私たちは、話の流れで「Checking account」、「Saving account」

をどちらも開設することになり、説明を受けました

  • デビットカードの1日の使用限度額
  • 1日の引き出し限度額
  • 口座にお金が入っていなかった場合の使用限度額

などなどの説明を受けましたが

英語が早すぎたためになんども聴き直す羽目になりました(笑)

わからなかった時は、スタッフの人がiPhoneに英語を入力してくれ

翻訳機能をバッチリと使い、口座の内容を把握することができました

ありがたいですね。

 

クレジットカードの説明

 

私たちの今回の1番の失敗はこれです。

通常「Foreign Workers」向けの口座では

1年間無料でクレジットカードを作ることができます

ですが、何を勘違いしたのか

手数料の話をされた時に初年度からかかるものだと勘違いをし

はっきりと聞き取れないにも関わらず手数料にビビって

夫のみ手数料がかかるクレジットカードを選んでしまいました

なんで失敗したかというと「CIBC」には2種類のカードがあり

  • 年会費99ドルのカード
    →4%のキャッシュバック
  • 年会費無料のカード
    →1%のキャッシュバック

となっています。

年会費初年度無料のことを忘れていた私たちは

無料の3%のキャッシュバックをドブに捨ててしまいました。

これを見た皆さんは、是非とも年会費初年度無料のため

4%のキャッシュバックを選んでくださいね。

 

ATMの利用方法の確認

 

全ての署名や確認が済むとスタッフからデビットカードを手渡されます

スタッフと一緒にATMへといき

PINコードを設定し使えることを確認できれば口座開設は終了です

モバイルアプリの登録も促されますのでぜひ一緒の登録しましょう

カナダのアプリを取れるように設定して口座開設に行くことをお勧めします

 

まとめ

 

カナダの銀行口座で一番おすすめの「CIBC」の口座開設の流れを開設しました

銀行口座を開設してしまえば、住所証明ができます

住所証明ができれば

  • アルバータヘルスケアの登録
  • アルバータIDの登録

が可能になりますので早めに作る方がいいと思います

 

カナダでの電話番号取得や、部屋探しについてはこちらを参考にして見てください

関連記事

私たち、ワーホリで使うSIMは「トクモバ」にしました。 「トクモバ」はお手頃な料金プラン、無駄な費用一切なし、 ついてすぐ使える、日本語対応してくれるなど、 とても安心して使うことができます。 […]

関連記事

  ワーキングホリデーや留学などで カナダで部屋を借りる時、何のサイトからどんな風に探せばいいのか全くわかりませんでした そこで、カナダでの部屋探しに使えるサイトを6つ紹介します これを見ればどれでどんな風に探せば[…]

最新情報をチェックしよう!